JNA認定校を選ぼう

学校は様々

ネイルスクールを探し出そうとすると、非常に多くの学校があることに気が付きます。
規模も大小さまざまで、内容にも大きな違いが存在します。
都市部には必ずあるといってもいいほど存在し、選び出そうと思っても基準を明確にしていかなければ、とても探し出せるものではないのです。

基準のひとつとしてJNA認可校かをチェック

一つの基準として、安心できるということがあるでしょう。
何をして安心できるかという問題は人それぞれであるとはいえますが、JNA認定校を探し出すということが一つ上げられることは間違いありません。

JNAとは、日本ネイリスト協会のことを指します。
1985年に設立された特定非営利活動法人で、ネイリストやメーカー、問屋などが集まってできた教会です。

それだけに、業界に対して大きな影響力を持っていることが特徴といえるでしょう。
このJNAが行っている認定制度があり、厳しい基準があるからこそ安心できるようになっているといえるのです。

JNA認定校になるためには、規模だけで認可されるわけではありません。
施設だけではなく、カリキュラムや講師の質、学校としての学則まで含め、多くの条件があります。
必須としている条件をクリアすることができなければ認められません。

趣味の範疇ではなく、あくまでもプロのネイリストを養成することができるだけの能力を持っていることが要件となってきます。
これにはネイリストという職種の社会的立場の向上という問題があります。
能力を向上していかなければいけない現状をかんがみているともいえるのです。
雇い入れる立場としても、JNA認定校を卒業してきたというだけでも安心感があるでしょう。
それだけの能力を身に着けているであろうと推測することができるのです。

JNA認定校に在籍していることでうけられる特典も存在します。
例えば、JNA主催のセミナーを受講しようとした場合には割引制度があります。
技術を競うコンペティションに出場する際にも割引を受けることができるのです。

JNA認可校は試験の優遇も

そして、何よりも大きいのが資格試験の優遇制度でしょう。
JNAジェルネイル技能検定を受験しようとした場合には、
2014年からは全ての級において在籍している認定校で受験することができるようになりました。

実技試験が伴いますので、慣れた環境の中で受験することができることは、合否に大きな影響を及ぼします。

独学でも受験することができる試験ではあります。
認定校で技術を習うほうが試験内容にも沿っており、合格への近道になることは間違いありません。
プロを目指していくとするのであれば、これだけでも大きな価値があるといえるでしょう。