ネイル検定紹介

誰でもネイリストにはなれます

ネイリストという名称は、広い言い方をすれば誰にでも名乗ることができるものです。
何ら資格での縛りがありません。
自分でネイリストであるといえば、否定することはできないのです。

当然、ネイルサロン等で働こうと思った場合、自称ネイリストでは仕事になりません。
多くの知識が必要ですし、最新のデザインを勉強していく意気込みもなければいけません。

では、ネイルサロンでは、誰もがこのような自称ネイリストというレベルなのかといえば違います。
日本ネイリスト検定が行っているJNAジェルネイル検定や、
日本ネイリスト検定試験センターのネイリスト技能検定試験があります。

仕事で活かすには資格が必須

こういった資格を持っているということは、各級の要件である最低限の知識と技術レベルを持っていることの証明にもなります。
そのため、多くのネイルサロンでは、資格所持者しか雇い入れていないところも多くあり、信頼性の向上に努めているといえるのです。

検定取得を進めている背景には、ネイリストの技術レベルの向上ということがあります。
誰でも名乗ることができるような乱立状態は、高い技術を持っているところと混同される可能性を意味します。

大きな格差を生むことは、差別化としては正しい方向性ではあります。
利用者側から考えたときには、すべて同じものだと考えられやすく、本来受けるものではないマイナスの評価も受けてしまう可能性を意味します。

そこで、検定取得を前面に出していくことにより、顧客に対して安心感の基準を提示することができますよね。
業界全体のレベルの向上を目指すことができるようにもなるのです。

検定試験は、ネイリスト技能検定試験は3級から始まりますし、ジェルネイルは初級から始まっていきます。
入門的なレベルになっており、プロを目指していくだけではなく、趣味の世界であってもレベル向上を考え受験してみることができるようになっているのです。

飛び級はできないようになっていますので、一歩一歩確実にステップアップすることができます。
しっかりとした技術を身に着けていかなければいけないといえるでしょう。
海外の資格等も存在しますので、その足掛かりとして国内の資格を取得してみるというのも一つの方向性になってくるはずです。

技術の仕事は資格や検定などいらない、そんなことを言う人もいます。
顧客満足度を考えた場合、証明できる資料として検定はなくてはならない存在であるといえるでしょう。
いくら持っていても重さはないものですから、チャレンジしてみることはマイナスにはならないのです。

JNEネイリスト技能検定

ネイルに関する人気資格について取り上げます。

JNAジェルネイル技能検定

ジェルネイルの専門的なステータスについてご紹介します。