がくぶん

通信講座を行っている会社の中でも、老舗と呼ばれているのが、がくぶんでしょう。その歴史は古く、大正13年創業ですから90年にも及ぶのです。講座の種類の中にはネイルアーティスト養成講座もあるのです。

ネイルの通信講座もかなりの種類がありますが、がくぶんの講座はかなり違いがあります。

多くのコースが用意されているのですが、その中でもプロフェッショナル総合コースとして最上級に設定されている講座の場合、現場の即戦力になることを前提としています。

プロに必要な技術を学ぶことができるだけではなく、ネイリスト技能検定1級を目指すこともできる知識も身につけることができるのです。このレベルの通信講座は珍しく、レベルの高い通信講座になっているといえるでしょう。

監修をしているのは、トップネイルアーティストでありシーズ・インターナショナル・カレッジの学院長でもある松下美智子氏になります。国際大会での活躍もあることから、レベルの高い指導を望むことができます。

DVDもセットになっていますので、プロのテクニックを目のあたりにしながら学ぶことが可能であり、通信講座の弱点を克服している講座であるといえるでしょう。

その中には検定に関するものも多く含まれていますが、実際のサロンでの仕事で使うテクニックも多く入っており、実践的な鋼材になっているといえます。

さらにはプロが使う道具が含まれている基本キットが付いており、消耗品などに関しては追加注文に関して割引制度まであったりするのです。

こういった特典は、ネイルを行っていく限り長く影響してくることでもありますので、プロを目指していくのであればさらに重要なポイントになってくるでしょう。

通信講座としては、受講料の設定が少し高めになっています。ですが、1級まで対応していることを考えた場合、驚くほど安上がりであるといえるはずです。

通信講座の会社らしく分割払いにも対応していますので、無理なく続けていくことができるようにもなっています。期間にして7か月間にも及びますが、高いレベルのネイリストを目指していくのであれば、選択肢に入れていくべき講座であることは間違いないでしょう。