Archive for the ‘ネイル・雑学コラム’ Category

綺麗な爪の伸ばし方

火曜日, 9月 27th, 2016

爪切りは使わないほうがいい?

特にネイルに興味がない人でも、
爪が伸びたら爪切りでカットします。
しかし中には爪切りを使うと二枚爪になってしまったり、
角度を間違えて深爪をしてしまったりする事もあります。

爪を噛む癖がある人は、少しでも爪が伸びると噛まずにいられないため、
常に深爪の状態となってしまいます。

手入れもせず伸び放題の爪もあまりいい印象とは言えませんが、
深爪しすぎるのも印象はよくありません。

爪を噛む癖がある人はストレスなども関係していますが、
深爪は指先に力が入りにくくなる事もあり、自身にとってもいい事はありません。

可能な範囲でストレスを解消するか、爪切りは使わずにやすりを使う習慣をつけてみましょう。

やすりの正しい使い方

爪用のやすりも種類がありますが、目が粗い物はジェルネイルのように硬い物に使いますので、自爪には不向きです。
自爪に使うのは目が細かく多少しなりがある柔らかい物を選びます。

削る時は力は必要ありませんので、軽く爪にやすりをあててしなりを利用してみましょう。
やすりをかけるのは爪の先端と、両サイドです。

指のカーブに沿って優しくやすりで擦るイメージでやると、上手くできます。

お風呂上がりは爪も柔らかくなっていますので、お風呂上がりがおすすめです。
やすりをかける前と後は必ずキューティクルオイルを使いましょう。

オイルを付ける事で摩擦を防げますし、爪に潤いを与える事ができます。

オイルは爪の救世主

ネイルケアに関してはオイルは欠かせない存在です。
爪のトラブルにもいくつか原因がありますが、最も多いのは乾燥によるトラブルです。

乾燥した爪は強度も下がるため、割れやすく綺麗に伸ばす事ができません。
自爪が弱い人もいますが、毎日こまめにオイルを塗っていけば乾燥を防げるので、これだけでもかなり爪は強くなっていきます。

オイルを塗る時は、甘皮の部分と爪の裏から塗ってあげましょう。
ただ塗るだけではなく、ハンドマッサージもプラスすると浸透力も高まりますし、
血行が促進され手や指の血色が良くなります。

冷え性の人は手足の血行不良を起こしやすく、これも爪が乾燥する原因となります。
ハンドクリームやネイルオイルは毎日の習慣にしましょう。

マッサージをする時も力は必要ありません、軽く円を描くように指の腹で優しくマッサージをします。
指先やツボの部分は軽く指圧するのも効果的です。

ネイルケアというと爪だけに気が向いてしまいますが、
ハンドケアも兼ねておくと手も爪も綺麗な状態を維持できますし、爪にもいい影響を与えます。

自力で解決できない場合は、ネイルサロンでもケアができます。
爪を伸ばすためのケア用のメニューもありますので、気軽に相談してください。

ネイルサロンのマナー

水曜日, 8月 24th, 2016

ネイルサロンに行く時のマナーについて

髪をカットしたりパーマやカラーをしたりする時美容院に行くように、
ネイルをしたい場合はネイルサロンに行きます。
美容院でも予約制のところがありますが、ネイルサロンはほとんどが完全予約制となっています。

突然飛び込みで行っても他のお客様の施術中には対応してもらえませんし、
無理に頼み込んでも他のお客様だけでなく、ネイルサロンにも迷惑がかかります。
必ず予約を取りましょう。

予約が取れても都合が悪くて行けない場合は、
できるだけ早くキャンセルする事をサロンに伝えましょう。
ドタキャンも予約の時間が丸々無駄になってしまいますから、
サロン側にも損失となります。

中にはドタキャンを繰り返すと、悪意がなくても悪質とみなされキャンセル料を請求されたり、
サロンの利用自体を断られたりする事もあります。

注意しておきたい事

初めて行くネイルサロンの場合は、どんな雰囲気かわからず不安になる事もありますが、
爪の状態によっては施術できない可能性もあります。

例えばセルフネイルでサンディングを繰り返し、
爪が薄くなっている場合は爪へのダメージを考えて施術不可となるケースが多いです。

仕事や肌質によっては手荒れがひどくなる人もいますが、
余りにも手荒れがひどい場合も安全性を考えて施術を断られる事があります。

今まで他のネイルサロンに通っていた人でも、
きちんとケアをしていないと爪にカビが変えてしまう事があります。

カビは深刻な問題を引き起こしますし、ネイルができる状態ではありません。
この場合は医療機関で治療をするように言われますが、
爪の健康は自分自身のためでもありますから、指示に従い病院で治療をするのが賢明でしょう。

客だからなんでも許されるわけではない

サロンのようにサービスをしているお店は、
お金を払って施術をしてもらいますが、客だからなんでも許されるわけではありません。

ネイリストも人間ですから、マナーが悪い客、非常識な客は嫌がられます。
施術に違いを付ける事はプロとして許されない事ですが、
気持ちの面で丁寧で常識ある行動ができる客の方が好まれますし、また来店してほしいと思えるものです。

意外と多いのはフットネイルでのトラブルです。
自分で自覚がない人は仕方ありませんが、女性でも水虫になっている人は意外と多いため、
水虫の足でネイルサロンに行くと、衛生面のリスクも大きいため施術をしてもらえません。

水虫は人にうつる可能性もありますし、ネイリストを介して感染が広がる可能性もあるからです。

フットネイルをしてもらう場合は、水虫がなくても一度足を洗ってから来店しましょう。
サロンには他のお客様もいますので、不快な臭いはそれだけでもサロンにとって迷惑行為となってしまいます。

ネイルケア

月曜日, 7月 25th, 2016

ネイルアートを楽しむ前にケアをマスターしよう

ネイルアートを楽しむには爪が健康である事が大切です。
例えばメイクも肌のコンディションが整っていれば、
メイクのノリもよく仕上がりも綺麗です。
爪も同じように表面が乾燥していたり、凸凹としていたりすれば、ネイルも綺麗に仕上がりませんし、
ネイルオフする時に使う除光液やアセトンは多少なりとも爪に負担をかけてしまいます。

ネイルを楽しむ場合は爪の健康も意識してみましょう。
正しいネイルケアをしていれば、ネイルオフの時に受けるダメージもすぐに回復できます。

スキンケアのように習慣にするとGOOD

ネイルケアもスキンケアと同じように毎日の習慣にしてみませんか?
やらなければいけないという義務感は時にストレスになりますし、
せっかくのネイルケアも楽しくなければ長続きしません。

綺麗なネイルは指先に自信が持てますし、
自然と指や手の動きもエレガントになるなどメリットもたくさんあります。

カラーやアートを施さなくとも、ケアの行き届いた爪はそれだけでも十分綺麗です。
指先の綺麗な人は清潔感もある事から、異性にも同性からも好印象を持たれます。

嫌々するよりも、スキンケアのように毎日の日課にすれば、爪の健康を維持できます。

爪は意外と乾燥しやすい

爪は意外と乾燥しやすいのを知っていますか?
ネイルポリッシュやジェルネイルをしていれば爪の表面をガードしているイメージがありますが、
表面が出ていなくても爪は乾燥しやすい状態です。

何も塗っていない状態でも、毎日の手洗いやシャンプー、
水仕事などで常に爪は乾燥しやすくなっています。

ネイルケアに必要なのは保湿です。
ケアにはハンドクリームや甘皮用のキューティクルオイルを使います。

水仕事をする場合はハンドクリームをつけても落ちてしまいますが、
可能ならゴム手袋を使ってください。

特にお湯を使う季節は乾燥しやすいので、
ゴム手袋があるだけでも乾燥によるダメージを軽減できます。

甘皮用のキューティクルオイルは、ネイルポリッシュやジェルの上からでも使えます。

甘皮の部分ギリギリに塗るのも綺麗に仕上げるコツですが、
キューティクルオイルは爪の根元から浸透させれば爪全体の乾燥も防げます。

自爪が弱い人はネイルを少しお休みして、
塗るだけでダメージを修復してくれるケア専用アイテムを使ってみてください。

自分では手に負えないほどダメージを負った爪は、育爪サロンに行くのも良い方法です。
爪を削ったりする事もなく、乾燥を防ぎ潤いや栄養を与える特殊なオイルを使ったケアができます。

健康な爪を育てるケアを専門にしているサロンという事もあり、自爪が弱い人も驚く程爪が丈夫になると評判です。

黒ネイルの見せ方

火曜日, 6月 14th, 2016

黒ネイルを上品に見せるには?

爪を黒一色でベタ塗りすると、ゴスロリのようなイメージが強くなりますが、
ひと工夫でとてもエレガントなネイルに見せる事ができます。
黒はどちらかというとアートにポイントやラインで使う事が多いのですが、
黒のベタ塗りも工夫すれば違った顔を見せてくれます。

ショートネイルが可愛い!

ネイルポリッシュやジェルネイルにしても、
色の違いで印象は変わりますが、意外と重要なのが爪の長さです。

長い爪でもフレンチネイルのように清楚なデザインなら、
多少爪が長くでも下品になりません。

しかし長い爪に黒をベタ塗りしてしまうと、
ちょっと威圧的な印象を与えてしまう事もあります。

好みなどもあるとは思いますが、黒の場合はショートネイルの方が威圧感を与えません。
どうしても爪の長さを長いままでブラックネイルをするなら、
つや消し効果のあるマットトップコートを使ってみましょう。
ちやが消えマットな質感は派手さを抑え、長い爪のブラックネイルもエレガントに見せてくれます。

ラメやラインストーンを使ってみよう

ブラックネイルはどうしても重く見えがちですが、
ラインストーンやラメを使いエレガントに見せる事もできます。
10本とも黒のベタ塗りをした場合、薬指や中指にだけ大きめのビジューをつけたり、
大きさや色の違うラインストーンを並べたりすれば、いいアクセントになります。

黒はゴールドとの相性もいいですし、
シルバーともよく合います。
ラメでラインや模様、イニシャルなどを書いたデザインも人気です。
黒ネイルにアートをする場合は、
つや消し効果のあるマットコートを使ってみましょう。
マットにするだけでも落ち着いた印象となりますが、
黒は特に独特の質感が生まれます。

敢えてアートはせず、マットコートだけでも、
シンプルですが、エレガントに仕上がります。
ラメ以外にも、ラインストーンを爪の根元に施しても素敵です。

黒ネイルは難しい?

黒のようにはっきりとした色は、
少しでもムラがあると目立ってしまいます。
簡単に見えるベタ塗りでも、ムラのないように塗るのは意外と難しいものです。
自信がない人はネイルサロンで施術してもらうのもいいのですが、いい機会なのでセフルネイルに挑戦してみましょう。

ネイルポリッシュでもできますが、一度に塗ろうとせず何回かに分けて仕上げるのもポイントです。
ネイルポリッシュだと時間とともに乾燥してしまいますから、
初心者の人はジェルネイルの性質を上手く利用して、少し時間を置いてみましょう。

ジェルは光で硬化させない限り、何度でもやり直しができます。
またベタ塗りの場合も、セルフレベリングといって、塗ってから少し時間を置いておくと自然と馴染んでくれますので、表面が滑らかに整います。

ブライダルネイルの方法

木曜日, 5月 19th, 2016

結婚式の日程に合わせる

結婚式までに完璧な状態でウェディングを着るために、
ブライダルエステに行くのが人気となっています。

ブライダルエステでは脱毛やフェイシャルなど、全身のケアもできますが、
意外と見落としがちなのがネイルです。

挙式と披露宴を同じ日に執り行う場合は、
結婚指輪の交換もありますので、指先や手のケアは重要です。

ブライダルエステをお願いするサロンで、
ネイルケアもできるなら結婚式の前日までにネイルも済ませておるよう予約を入れておきましょう。

ブライダルエステとは別にネイルサロンの予約を取る場合も、
余裕を持って早めに予約を入れておくのがベストです。

予約の時にブライダルネイルをお願いしたいと伝えておけば、
サロン側もそのように対応してくれます。

デザイン選びに迷ったら、王道を選ぶのもよし!

ブライダルネイルはハンドケアなどもできますし、手とお揃いで足もネイルをする事ができます。
ただし足もお願いする場合は予約時に伝えておきましょう。

花嫁は結婚式の主役ですし、ウェディングドレスは純白のイメージが強い事から、
イメージカラーも白が基本となります。

淡いピンクのネイルにする事もできますが、
ドレスのデザインに合わせてネイルデザインを決めると間違いないでしょう。

どんなデザインがいいか迷ってしまうのも仕方ありません。

こういう場合は王道ネイルから選ぶのも良い方法です。
ブライダルネイルの王道といえば、白とクリア、
もしくは白と淡いピンクのフレンチネイルです。

これならどんなウェディングドレスにも似合いますし、
上品さも兼ね備えていますから白無垢スタイルにもよく合います。

お色直しのドレスに合わせて、1本だけカラーを変えるのもオススメです。

全部の爪に派手なアートやラインストーンを付けるのもいいのですが、
ドレスに引っかかる可能性もあるため、
ラインストーンやパールを使う時は薬指などポイント使いにするのがいいでしょう。

定番がやっぱり一番!

王道のホワイトフレンチネイルは、ネイルアートの定番中の定番ですが、
結婚式後の二次会やハネムーン先でもどんな服装にも合うのが人気の理由です。

白のフレンチネイルはシンプルにフレンチラインを描くだけでも上品ですが、
ラインに沿ってレースを描いてもらえば、よりブライダルネイルにふさわしい印象です。

他にもスマイルラインに沿って、ラメラインを入れたり、ホログラムでラインを作ったりしても素敵です。
細かい花を描き花を細いラインで繋げた、かすみ草ネイルもブライダルネイルとして人気があります。

定番のフレンチネイルは応用ができるのも魅力であり、人気の理由と言っていいでしょう。
いろいろなデザインがありますが、ウェディングドレスの写真をネイリストに見せてデザインを決めるのもいいかもしれません。

ネイルサロンの予約方法

土曜日, 4月 23rd, 2016

ネイルサロンを予約してみよう

ネイルサロンは殆どの場合予約が必要です。
ホームページがあるネイルサロンでは、ネット予約ができる場合もありますが、
初めて行くネイルサロンは電話での予約をおすすめします。
どんな施術をするかは当日、サロンにあるサンプルを見たり、
希望のデザインを持参したりして決めていきますが、施術内容によってかかる時間も変わるため、
ある程度希望の施術は予約時に伝えておきましょう。

対応している施術内容はネイルサロンによる違いもあります。
マニキュア、ジェルネイル、ネイルケア、
スカルプチャーなのかを、はっきりと伝えておきましょう。

現在はジェルネイルが主流となっており、
中にはジェルネイル専門店などもあります。

ジェルネイル専門点の場合は、スカルプチャーができない事もあるので、
予約時に施術内容も確認しておくと安心です。

予約の時に注意すべき点

ネイルサロンにはいろいろな人が訪れます。
それと同じようにネイルサロンの規模もそれぞれ異なります。

友達同士でネイルをしたいような時、
ネイリストが1人でやっているホームサロンでは同時に2人の予約がとれない可能性もあります。

この場合は時間か日にちをずらすか、
同時に施術できるネイリストが多いサロンを探しましょう。

ほとんどのネイルサロンは子供連れNGとなる事が多いです。

これにはいくつか理由がありますが、ネイルの施術には薬品なども使いますし、
先の尖った金属なども置いてあり、子供が動き回って怪我をする可能性があるからです。

施術中に子供を見てくれる人は基本的にネイルサロンにはいません。
小さい子供がいる場合は、子供を連れて行っていいかどうか必ず確認しておきましょう。

看板犬や看板猫のいるネイルサロンもありますが、
ペットもOKなところとNGなところがありますので、事前に確認しておくのもマナーです。

予約がないとだめ?キャンセルはできる?

ネイルサロンで行う施術にも種類はありますが、ネイルアートをする場合は1人に2時間前後かかります。

ネイルアート以外に爪や手のケアをプラスすればさらに時間もかかりますので、
突然予約外の施術をお願いしたり予約なしで飛び込みでいったりすると、他のお客様の迷惑になるため断られる可能性があります。
ネイルサロンは原則予約制です。

予約の日に都合が悪くなり行けない場合もありますが、予約のキャンセルはできるだけ早めに伝えておきましょう。

そうすれば空いたところに他のお客さんの予約を入れる事ができますし、
キャンセルの連絡を入れた時に空いているところに入れてもらえるという、自分にとってのメリットもあります。

毎回のようにドタキャンするような場合、その後予約を受け付けてもらえなくなるので自分勝手な行動は慎みましょう。

長持ちネイル方法

水曜日, 3月 23rd, 2016

長持ちさせるコツは下準備にあり!

ネイルを長持ちさせるコツはいくつかありますが、
最も重要なのはネイルを塗る前の下準備です。

ネイル用語では、プレパレーションといいます。
下準備に関しては、ネイルポリッシュ、ジェルネイルの全てに共通しています。
基本となるのは手と爪の消毒をして清潔な状態にする事です。

ジェルネイルの場合は、自爪以上の長さ出しもできますが、
自爪もある程度はファイルで形を整えておきます。
甘皮があるとネイルが剥がれやすくなるので、怪我をしない程度にカットしておきます。

あらかじめぬるま湯に指先をつけておくと甘皮が柔らかくなりますが、
前もって甘皮用のキューティクルリムーバーを付けておくと取りやすくなります。

柔らかくなったらプッシャーで優しく押上、ニッパーで余分な甘皮をカットします。

甘皮カットは初心者では難しいので、無理をせず、セラミックプッシャーでも代用できます。
最後に爪の油分を除去するために消毒用のエタノールを使えば、殺菌消毒も同時にできます。
ここまでがネイルを長持ちさせる下準備です。

ジェルネイル

ジェルネイルの場合も、プレパレーションは丁寧に行いましょう。
ジェルネイルの場合は、ベースコート、カラージェル、
トップコートの順番に塗っていきますが、その都度硬化させる時に、しっかり硬化させる事が重要です。

未硬化があるとネイルの持ちが悪くなってしまいます。

ネイルポリッシュ

ネイルポリッシュの場合も下準備はきちんとしておきます。
面倒という理由でいきなりネイルポリッシュを塗る人もいますが、
ネイルポリッシュもベースコート、カラー、トップコートの順番を守りましょう。

ネイルポリッシュの場合は乾いたのを確認してから、次の工程に進みます。

塗り方にも注意して!

ベースコート、カラー、トップコートは全て丁寧に塗る事も大切ですが、
爪からはみ出さないように塗るのもポイントです。

少しでもはみ出した部分があると、そこから剥がれていくので持ちが悪くなります。
これはジェルネイルもネイルポリッシュも同じです。

もしも爪からはみ出してしまった場合は、ジェルなら硬化させなければやり直しができますので、
オレンジスティックなどではみ出してしまった部分を拭います。

ネイルポリッシュの場合は綿棒に除光液を染みこませて、はみ出た部分を落としておきましょう。

ネイルポリッシュもジェルも共通していますが、
一度で全部塗ろうとするとはみ出したり、液だれしたりという失敗につながります。

一度でやろうとせず、数回に分けて塗るのもポイントです。
量が少なすぎても綺麗に馴染みませんから、適量を塗りながら覚えていきます。

最初に真ん中から塗り始め、次に左右を足していくイメージです。
爪の根元まで塗らずに1ミリ程度残して塗ると綺麗に塗れます。

両サイドもはみ出さないように、ギリギリのところで塗っていきます。

就活ネイル

木曜日, 2月 18th, 2016

就活マナーはネイルも含まれる?

就活は見た目の印象もかなり影響すると言われています。
この場合の見た目というのは、美人かどうかという意味ではなく、
誰が見ても不快に思わない清潔さという意味です。

就活にはリクルートスーツが定番ですが、
いくらシンプルなスーツでも全身赤のスーツは場違いでしょう。

面接では身だしなみなどもチェックされますが、ネイルはどうでしょうか?
スーツ同様真っ赤なネイルは就活には不釣り合いですが、
綺麗に整えケアをしている指先は好印象です。

例えばささくれだらけ爪には垢がつまり、
手荒れがひどく血がにじんでいるような場合は、
どうしても不衛生でだらしない印象を持たれてしまいます。

派手なネイルアートを施さず、シンプルに仕上げれば就活にもネイルはしていけます。
ただし場所をわきまえる必要はあるでしょう。

面接にも通用するネイル

面接に行く場合は爪に色があるとどうしても目が行ってしまいます。
極薄いピンク程度ならまだいいかもしれませんが、
ジェルならクリア、ネイルポリッシュならクリアとトップコートのみにしておくほうが無難です。

フレンチネイルは清楚な印象ですが、
就活にはNGとなる可能性があるので、色は使わないようにするのがベストでしょう。

就活ネイルで注意すべき点

就活ネイルはクリアならいいというわけでもありません。
普段からネイルを楽しんでいる人はある程度爪も伸ばしている傾向がありますが、
爪が長すぎるのもイメージとしてはマイナスです。

就活の時だけ我慢して長さは少し短めにしておきましょう。
ただし深爪すぎるのも爪を噛む癖があるように思われてしまいますので、
2ミリから3ミリ程度の長さに揃えておくと好印象です。

無理にクリアもトップコートも塗る必要はありません。
ただし手が汚いとだらしない印象を持たれてしまいますから、
ハンドクリームで保湿をしたり、ささくれはカットしたりというケアは前日までに済ませておきたいところです。

面接官による違いはありますが、面接時には派手さは必要ありません。
しかしノーメイクでは失礼にあたりますから、ナチュラルメイクはしておくべきです。
これと同じように指先のケアも身だしなみと考え、派手にならない程度にケアをして、整えておく事は必要です。

女性はもちろんですが、男性もクリアを塗るのはやりすぎの印象がありますが、
ささくれなどはカットして、爪も綺麗に整えておくと好印象です。

指先というのは意外と見られているところですから、
常に最低限のケアは心がけておくように習慣づけるのも良い方法です。

どうやってケアすればいいかわからない場合は、ハンドクリームをおすすめします。
ハンドクリームなら手軽ですし、女性はもちろん男性も簡単に指先のケアができます。

ネイル共有アプリ

火曜日, 1月 19th, 2016

ネイル好きならnailapを活用しよう!

nailapはネイル好きにはたまらない、たくさんのネイルデザインをチェックできます。
ネイル専用アプリですが、利用するにはTwitterアカウントが必要になります。

Twitterなら無料で登録できますし、Twitterでも同じ写真を投稿できます。
nailapも無料アプリですから、ネイル好きなら持っておいて損はないアプリです。

アプリをインストールしたら、Twitterアカウントでログインします。
言語は日本語以外に英語もありますが、好きな方を選んでください。

ログインするとたくさんの人のネイルデザインをチェックできます。
ネイルのデザインがワンパターンになってしまう人も、他の人のデザインやアートを参考にできます。

デザインはカテゴリ別に検索する事もできます。
カテゴリはラブリー、キュート、クール、その他に分かれています。
ネイルは色によって印象も変わりますし、好みもありますから、カラー別でも検索できます。
ピンク、ブルー・パープル系、ベージュ・ホワイトとカラーでも検索してみましょう。

いろいろなデザインを見てみたい場合は、全てから検索できますし、
気に入ったネイルデザインはお気に入りに登録する事もできます。

お気に入りに登録すると、そのユーザーのデザインだけが表示されるので、
自分の好みに合うネイルを探しやすくなります。

人のデザインを見ていていいなとおもったら、かわいいをする事もできます。
nailapのかわいいは、フェイスブックでいういいね!と同じ機能です。
最も多くかわいいされたネイルは、それだけ注目度も高い事になります。

自分のネイルを投稿できる

nailapは自分のネイルを写真に撮って投稿する事もできます。
投稿する前に、ネイルに合わせたデコフレームも使えます。

タイトルを入力すればアピールになりますし、
自分の投稿した写真にかわいいがどれだけ付いたかも確認できます。

ネイル専用アプリだからネイル仲間も増えるかも?

かわいい以外にもコメントを付ける事もできますから、
ネイル好き同士でのコミュニケーションもできます。

言語に英語バージョンがあるのは、海外ユーザーも多いからです。

ネイルデザインの人気や傾向は国による違いもありますし、
日本ではあまり見かけないユニークなデザインなども見つかるかもしれません。

海外ユーザーにもかわいいは遅れますし、
一言でも英語のコメントをつけておけば何かコメントが返ってくるかもしれません。

たくさんのネイルデザインを見るのは、勉強にもなりますし、
自分では思いつかないようなデザインを発見する事もできます。

かわいいとコメントは一目でわかるようになっていますので、
nailapを活用すれば今までよりも楽しいネイルライフを送れるとネイル好きの間でも評判です。

シロップネイル

月曜日, 12月 21st, 2015

甘いシロップをネイルで表現

かき氷やスイーツにかけるシロップをネイルで表現したのが、シロップネイルです。
シロップにも種類はありますが、ほとんどは透明です。

シロップネイルはマットカラーよりも、
シアーカラーのように薄く色づくカラーがおすすめです。

すりガラスネイルのように敢えて艶を抑えてマットな質感に仕上げるネイルも人気ですが、
シロップネイルはツヤが重要です。

薄い色ほどシロップのように見えますし、
可愛いのに派手さはなく上品な仕上がりという事もあって、普段遣いのネイルにもピッタリです。

シロップネイルは透明感が重要です!

シロップのように仕上げるのは透明感を出す事が重要です。
ジェルでもネイルポリッシュでも作れますが、ジェルの方が透明感を簡単に出せます。

ガーリーな感じに仕上げるのもシロップネイルの特徴ですが、
ピンク系はガーリーな雰囲気を作りやすいので薄めのピンクは特に人気があります。

シロップネイルのやり方

シロップネイルのコツは薄付きに仕上げる事です。

薄い色をグラデーションに仕上げていきますので、
1度塗りではほとんど発色しないシアー系のカラーでも、
グラデーションにしていく事で、最終的には本の色づくシロップのように仕上がります。

グラデーションは難しいと思われがちですが、コツさえつかめば意外と簡単です。

2回から3回で仕上げるのは難しいですから、
何度も塗り重ねて行くイメージで挑戦してみましょう。

シロップネイルの場合は指先に行くほど色が濃くなるのが理想ですから、指先から塗り始めます。

ジェルの場合は塗るたびに硬化させてください。
硬化させる前に境目を綺麗な筆で軽く叩き込みぼやかすと、綺麗なグラデーションができます。

シアータイプでも発色が良い色なら、大きめに塗り重ねても大丈夫です。
限りなく透明に近いピンクは、何度か塗り重ねないとピンクに見えませんが、
細かいグラデーションにすれば、まるでシロップのような繊細な仕上がりになります。

グラデーションは爪の真ん中くらいまで広げますが、
爪の長さがある場合はグラデーションを多めにするとより綺麗に仕上がります。

グラデーションのコツはいかに上手くぼやかすか、
ですが、境界線の部分に線を残さないよう意識すれば意外と上手くいきます。

ジェルの場合はぼかす時に筆を綺麗にしておきます。

ネイルポリッシュでシロップネイルを作りたいときは、
スポンジを使って作れば簡単に綺麗なグラデーションがつくれます。

ジェルでは色がついていない筆を、ネイルポリッシュにはスポンジを使うと覚えておきましょう。
シロップネイルガーリーな可愛らしさもありますが、
グラデーションにより指が長く見えるという嬉しい効果も期待できます。