ブライダルネイルの方法

結婚式の日程に合わせる

結婚式までに完璧な状態でウェディングを着るために、
ブライダルエステに行くのが人気となっています。

ブライダルエステでは脱毛やフェイシャルなど、全身のケアもできますが、
意外と見落としがちなのがネイルです。

挙式と披露宴を同じ日に執り行う場合は、
結婚指輪の交換もありますので、指先や手のケアは重要です。

ブライダルエステをお願いするサロンで、
ネイルケアもできるなら結婚式の前日までにネイルも済ませておるよう予約を入れておきましょう。

ブライダルエステとは別にネイルサロンの予約を取る場合も、
余裕を持って早めに予約を入れておくのがベストです。

予約の時にブライダルネイルをお願いしたいと伝えておけば、
サロン側もそのように対応してくれます。

デザイン選びに迷ったら、王道を選ぶのもよし!

ブライダルネイルはハンドケアなどもできますし、手とお揃いで足もネイルをする事ができます。
ただし足もお願いする場合は予約時に伝えておきましょう。

花嫁は結婚式の主役ですし、ウェディングドレスは純白のイメージが強い事から、
イメージカラーも白が基本となります。

淡いピンクのネイルにする事もできますが、
ドレスのデザインに合わせてネイルデザインを決めると間違いないでしょう。

どんなデザインがいいか迷ってしまうのも仕方ありません。

こういう場合は王道ネイルから選ぶのも良い方法です。
ブライダルネイルの王道といえば、白とクリア、
もしくは白と淡いピンクのフレンチネイルです。

これならどんなウェディングドレスにも似合いますし、
上品さも兼ね備えていますから白無垢スタイルにもよく合います。

お色直しのドレスに合わせて、1本だけカラーを変えるのもオススメです。

全部の爪に派手なアートやラインストーンを付けるのもいいのですが、
ドレスに引っかかる可能性もあるため、
ラインストーンやパールを使う時は薬指などポイント使いにするのがいいでしょう。

定番がやっぱり一番!

王道のホワイトフレンチネイルは、ネイルアートの定番中の定番ですが、
結婚式後の二次会やハネムーン先でもどんな服装にも合うのが人気の理由です。

白のフレンチネイルはシンプルにフレンチラインを描くだけでも上品ですが、
ラインに沿ってレースを描いてもらえば、よりブライダルネイルにふさわしい印象です。

他にもスマイルラインに沿って、ラメラインを入れたり、ホログラムでラインを作ったりしても素敵です。
細かい花を描き花を細いラインで繋げた、かすみ草ネイルもブライダルネイルとして人気があります。

定番のフレンチネイルは応用ができるのも魅力であり、人気の理由と言っていいでしょう。
いろいろなデザインがありますが、ウェディングドレスの写真をネイリストに見せてデザインを決めるのもいいかもしれません。

Comments are closed.