ネイルケア

ネイルアートを楽しむ前にケアをマスターしよう

ネイルアートを楽しむには爪が健康である事が大切です。
例えばメイクも肌のコンディションが整っていれば、
メイクのノリもよく仕上がりも綺麗です。
爪も同じように表面が乾燥していたり、凸凹としていたりすれば、ネイルも綺麗に仕上がりませんし、
ネイルオフする時に使う除光液やアセトンは多少なりとも爪に負担をかけてしまいます。

ネイルを楽しむ場合は爪の健康も意識してみましょう。
正しいネイルケアをしていれば、ネイルオフの時に受けるダメージもすぐに回復できます。

スキンケアのように習慣にするとGOOD

ネイルケアもスキンケアと同じように毎日の習慣にしてみませんか?
やらなければいけないという義務感は時にストレスになりますし、
せっかくのネイルケアも楽しくなければ長続きしません。

綺麗なネイルは指先に自信が持てますし、
自然と指や手の動きもエレガントになるなどメリットもたくさんあります。

カラーやアートを施さなくとも、ケアの行き届いた爪はそれだけでも十分綺麗です。
指先の綺麗な人は清潔感もある事から、異性にも同性からも好印象を持たれます。

嫌々するよりも、スキンケアのように毎日の日課にすれば、爪の健康を維持できます。

爪は意外と乾燥しやすい

爪は意外と乾燥しやすいのを知っていますか?
ネイルポリッシュやジェルネイルをしていれば爪の表面をガードしているイメージがありますが、
表面が出ていなくても爪は乾燥しやすい状態です。

何も塗っていない状態でも、毎日の手洗いやシャンプー、
水仕事などで常に爪は乾燥しやすくなっています。

ネイルケアに必要なのは保湿です。
ケアにはハンドクリームや甘皮用のキューティクルオイルを使います。

水仕事をする場合はハンドクリームをつけても落ちてしまいますが、
可能ならゴム手袋を使ってください。

特にお湯を使う季節は乾燥しやすいので、
ゴム手袋があるだけでも乾燥によるダメージを軽減できます。

甘皮用のキューティクルオイルは、ネイルポリッシュやジェルの上からでも使えます。

甘皮の部分ギリギリに塗るのも綺麗に仕上げるコツですが、
キューティクルオイルは爪の根元から浸透させれば爪全体の乾燥も防げます。

自爪が弱い人はネイルを少しお休みして、
塗るだけでダメージを修復してくれるケア専用アイテムを使ってみてください。

自分では手に負えないほどダメージを負った爪は、育爪サロンに行くのも良い方法です。
爪を削ったりする事もなく、乾燥を防ぎ潤いや栄養を与える特殊なオイルを使ったケアができます。

健康な爪を育てるケアを専門にしているサロンという事もあり、自爪が弱い人も驚く程爪が丈夫になると評判です。

Comments are closed.