長持ちネイル方法

長持ちさせるコツは下準備にあり!

ネイルを長持ちさせるコツはいくつかありますが、
最も重要なのはネイルを塗る前の下準備です。

ネイル用語では、プレパレーションといいます。
下準備に関しては、ネイルポリッシュ、ジェルネイルの全てに共通しています。
基本となるのは手と爪の消毒をして清潔な状態にする事です。

ジェルネイルの場合は、自爪以上の長さ出しもできますが、
自爪もある程度はファイルで形を整えておきます。
甘皮があるとネイルが剥がれやすくなるので、怪我をしない程度にカットしておきます。

あらかじめぬるま湯に指先をつけておくと甘皮が柔らかくなりますが、
前もって甘皮用のキューティクルリムーバーを付けておくと取りやすくなります。

柔らかくなったらプッシャーで優しく押上、ニッパーで余分な甘皮をカットします。

甘皮カットは初心者では難しいので、無理をせず、セラミックプッシャーでも代用できます。
最後に爪の油分を除去するために消毒用のエタノールを使えば、殺菌消毒も同時にできます。
ここまでがネイルを長持ちさせる下準備です。

ジェルネイル

ジェルネイルの場合も、プレパレーションは丁寧に行いましょう。
ジェルネイルの場合は、ベースコート、カラージェル、
トップコートの順番に塗っていきますが、その都度硬化させる時に、しっかり硬化させる事が重要です。

未硬化があるとネイルの持ちが悪くなってしまいます。

ネイルポリッシュ

ネイルポリッシュの場合も下準備はきちんとしておきます。
面倒という理由でいきなりネイルポリッシュを塗る人もいますが、
ネイルポリッシュもベースコート、カラー、トップコートの順番を守りましょう。

ネイルポリッシュの場合は乾いたのを確認してから、次の工程に進みます。

塗り方にも注意して!

ベースコート、カラー、トップコートは全て丁寧に塗る事も大切ですが、
爪からはみ出さないように塗るのもポイントです。

少しでもはみ出した部分があると、そこから剥がれていくので持ちが悪くなります。
これはジェルネイルもネイルポリッシュも同じです。

もしも爪からはみ出してしまった場合は、ジェルなら硬化させなければやり直しができますので、
オレンジスティックなどではみ出してしまった部分を拭います。

ネイルポリッシュの場合は綿棒に除光液を染みこませて、はみ出た部分を落としておきましょう。

ネイルポリッシュもジェルも共通していますが、
一度で全部塗ろうとするとはみ出したり、液だれしたりという失敗につながります。

一度でやろうとせず、数回に分けて塗るのもポイントです。
量が少なすぎても綺麗に馴染みませんから、適量を塗りながら覚えていきます。

最初に真ん中から塗り始め、次に左右を足していくイメージです。
爪の根元まで塗らずに1ミリ程度残して塗ると綺麗に塗れます。

両サイドもはみ出さないように、ギリギリのところで塗っていきます。

Comments are closed.