シロップネイル

甘いシロップをネイルで表現

かき氷やスイーツにかけるシロップをネイルで表現したのが、シロップネイルです。
シロップにも種類はありますが、ほとんどは透明です。

シロップネイルはマットカラーよりも、
シアーカラーのように薄く色づくカラーがおすすめです。

すりガラスネイルのように敢えて艶を抑えてマットな質感に仕上げるネイルも人気ですが、
シロップネイルはツヤが重要です。

薄い色ほどシロップのように見えますし、
可愛いのに派手さはなく上品な仕上がりという事もあって、普段遣いのネイルにもピッタリです。

シロップネイルは透明感が重要です!

シロップのように仕上げるのは透明感を出す事が重要です。
ジェルでもネイルポリッシュでも作れますが、ジェルの方が透明感を簡単に出せます。

ガーリーな感じに仕上げるのもシロップネイルの特徴ですが、
ピンク系はガーリーな雰囲気を作りやすいので薄めのピンクは特に人気があります。

シロップネイルのやり方

シロップネイルのコツは薄付きに仕上げる事です。

薄い色をグラデーションに仕上げていきますので、
1度塗りではほとんど発色しないシアー系のカラーでも、
グラデーションにしていく事で、最終的には本の色づくシロップのように仕上がります。

グラデーションは難しいと思われがちですが、コツさえつかめば意外と簡単です。

2回から3回で仕上げるのは難しいですから、
何度も塗り重ねて行くイメージで挑戦してみましょう。

シロップネイルの場合は指先に行くほど色が濃くなるのが理想ですから、指先から塗り始めます。

ジェルの場合は塗るたびに硬化させてください。
硬化させる前に境目を綺麗な筆で軽く叩き込みぼやかすと、綺麗なグラデーションができます。

シアータイプでも発色が良い色なら、大きめに塗り重ねても大丈夫です。
限りなく透明に近いピンクは、何度か塗り重ねないとピンクに見えませんが、
細かいグラデーションにすれば、まるでシロップのような繊細な仕上がりになります。

グラデーションは爪の真ん中くらいまで広げますが、
爪の長さがある場合はグラデーションを多めにするとより綺麗に仕上がります。

グラデーションのコツはいかに上手くぼやかすか、
ですが、境界線の部分に線を残さないよう意識すれば意外と上手くいきます。

ジェルの場合はぼかす時に筆を綺麗にしておきます。

ネイルポリッシュでシロップネイルを作りたいときは、
スポンジを使って作れば簡単に綺麗なグラデーションがつくれます。

ジェルでは色がついていない筆を、ネイルポリッシュにはスポンジを使うと覚えておきましょう。
シロップネイルガーリーな可愛らしさもありますが、
グラデーションにより指が長く見えるという嬉しい効果も期待できます。

Comments are closed.