就活ネイル

就活マナーはネイルも含まれる?

就活は見た目の印象もかなり影響すると言われています。
この場合の見た目というのは、美人かどうかという意味ではなく、
誰が見ても不快に思わない清潔さという意味です。

就活にはリクルートスーツが定番ですが、
いくらシンプルなスーツでも全身赤のスーツは場違いでしょう。

面接では身だしなみなどもチェックされますが、ネイルはどうでしょうか?
スーツ同様真っ赤なネイルは就活には不釣り合いですが、
綺麗に整えケアをしている指先は好印象です。

例えばささくれだらけ爪には垢がつまり、
手荒れがひどく血がにじんでいるような場合は、
どうしても不衛生でだらしない印象を持たれてしまいます。

派手なネイルアートを施さず、シンプルに仕上げれば就活にもネイルはしていけます。
ただし場所をわきまえる必要はあるでしょう。

面接にも通用するネイル

面接に行く場合は爪に色があるとどうしても目が行ってしまいます。
極薄いピンク程度ならまだいいかもしれませんが、
ジェルならクリア、ネイルポリッシュならクリアとトップコートのみにしておくほうが無難です。

フレンチネイルは清楚な印象ですが、
就活にはNGとなる可能性があるので、色は使わないようにするのがベストでしょう。

就活ネイルで注意すべき点

就活ネイルはクリアならいいというわけでもありません。
普段からネイルを楽しんでいる人はある程度爪も伸ばしている傾向がありますが、
爪が長すぎるのもイメージとしてはマイナスです。

就活の時だけ我慢して長さは少し短めにしておきましょう。
ただし深爪すぎるのも爪を噛む癖があるように思われてしまいますので、
2ミリから3ミリ程度の長さに揃えておくと好印象です。

無理にクリアもトップコートも塗る必要はありません。
ただし手が汚いとだらしない印象を持たれてしまいますから、
ハンドクリームで保湿をしたり、ささくれはカットしたりというケアは前日までに済ませておきたいところです。

面接官による違いはありますが、面接時には派手さは必要ありません。
しかしノーメイクでは失礼にあたりますから、ナチュラルメイクはしておくべきです。
これと同じように指先のケアも身だしなみと考え、派手にならない程度にケアをして、整えておく事は必要です。

女性はもちろんですが、男性もクリアを塗るのはやりすぎの印象がありますが、
ささくれなどはカットして、爪も綺麗に整えておくと好印象です。

指先というのは意外と見られているところですから、
常に最低限のケアは心がけておくように習慣づけるのも良い方法です。

どうやってケアすればいいかわからない場合は、ハンドクリームをおすすめします。
ハンドクリームなら手軽ですし、女性はもちろん男性も簡単に指先のケアができます。

Comments are closed.