黒崎えり子ネイルビューティカレッジ

黒崎えり子氏

黒崎えり子氏といえば、ネイルの業界の中で知らなければもぐりだといわれるほどの知名度でしょう。
1994年の日本ネイリスト協会のコンテストに初出場し、
いきなりグランドチャンピオンになる快挙を見せたことはあまりにも有名です。

その後は海外のコンテストでも活躍しました。
多くの出版物やテレビの出演もあるため、
ネイルの業界のみならず、様々な業界からも注目される存在です。

そんな黒崎えり子氏が学長をしているネイルスクールが、
黒崎えり子ネイルビューティカレッジです。

非常にこだわった環境が特徴で、
プロの道具を使いながら学ぶことができるという点は大きな意味を持ってくるでしょう。

本職の道具

卒業後にプロを目指していくのであれば、
スタートの段階から本職の道具を触っていくべきです。
これは技術的な向上だけではなく、顧客の満足度を高めるためにも重要なことになります。

そのため、教材として使うものは、講師が実際に使っている道具になっているのです。
さらに消耗品に関しては、スクールがすべて負担してくれるため、
集中して授業を受けることができるところも大きいでしょう。

講師陣も大きなこだわりがあります。
学長でもある黒崎えり子氏に直接指導を受ける機会も多くありますが、
その多くは現役のネイリストであるということです。

常に最新の情報を手にしている現場からのフィードバックを受けることができるのは、
将来において大きなアドバンテージになっていくことは間違いありません。

授業スタイルに関しても違いが見えます。
少人数制のスタイルをとっているのですが、
苦手な分野をチェックするということがあります。

講師陣がプロである以上に、
各店舗で店長など管理職として活躍している人間が多いため、細やかな部分にまで目が届きます。

そのなかで、苦手な部分を克服できるようにしていくことで、
検定においてマイナスにならないようにしていくことができるのです。

細かな部分であっても、現役のネイリストが目の前にいるのですから、
すぐに正確な技術をしることができる強みがあるのです。

プロとして活躍しようと考えるのであれば、
コミュニケーションの能力も大切ですから、
静と同士でレッスンをすることもあります。

こういった授業の中からプロとして必要な能力を磨いていき、
実践で使える能力を身に着けていくことができるのも、
黒崎えり子ネイルビューティカレッジの特徴ともなってきているのです。

Comments are closed.