イルミネージュ

資格があるからプロになれる訳ではない

ネイリストとしてプロになるということは、
何も検定をとることではありません。

技術はもちろんのこと、デザイン性も求められていきますし、
接客業としてお客様の手に触るわけですから、
高いマナーの意識もなければプロとしては失格であるといえるでしょう。

しかし、ほとんどのネイルスクールでは、
検定にばかり目を奪われ本物のプロとして育て上げるという点で劣ってしまっている事実があります。

それが大きなクレームになってしまうことも多く、
大きな問題に発展してしまっていることもあるのです。

イルミネージュでは、ネイルサロンを経営しているということもあり、
現場でほしい人材はどんなものかを熟知している点に強みがあります。

卒業後には即戦力として働けるだけの人材を作ることに注視し、
カリキュラムに取り込まれているところに違いがあるといえるでしょう。

当然検定に関しても手厚いバックアップはありますが、
もっと実践的な部分を考え組み込まれているということでは、
他のネイルスクールよりも一歩先行く存在であるといえるのです。

ネイリストの仕事

ネイリストの仕事は、爪を見せるだけの仕事ではありません。
そのお客様の一部である爪を使い、
きれいにしていく仕事になっているといえるでしょう。

ですから、お客様ごとに違いがある爪をきれいに見せるためには、
センスを磨く必要性もあるでしょう。

そのために、受講者一人一人に合わせた個別指導も行ってもらえますし、
課外授業も組み込まれています。

中にはサロン研修のような、より実践的なカリキュラムも組まれており、
どうしたら即戦力になれるのか肌身で知る機会もあるのです。

これはただ与えられる課題をこなしていくのと違い、
自分で体感することで見えてくることからプロという世界を考えられるチャンスになっているといえるでしょう。

イルミネージュでは、フリータイム制を敷いているところも重要です。

夜10時までになっていますので、
現在の仕事をやめたりすることで収入を失い不安定な状態で受講することを避けることもできます。

将来のロードマップを考えていくうえで、
こういった配慮がなされているネイルスクールは重要な選択肢になるといえるでしょう。

気になった場合には、随時行われている無料体験に申し込んでみることが大切です。

百聞は一見に如かずという言葉通り、自分の目で見て手で触って感じてみることが、
プロを目指していくことの第一歩として、重要な意味を持ってくるからなのです。

Comments are closed.